MENU

予防歯科
PREVENTIVE DENTISTRY

予防歯科とは

予防歯科

予防歯科とは、虫歯になってから治療するのではなく「痛くなる前に予防する」という考え方です。そのためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、自宅で行うセルフケアの両方が大切です。

セルフケアだけでは、歯垢や歯石を完全に取り除くことができません。虫歯や歯周病にならない健康な歯を維持するために、歯科医院で定期的にPMTCや口腔内診査などの検診を受け、予防を行うのがおすすめです。

予防歯科で大切なことは3つ

予防歯科においては、「フッ素を口内に残す」「歯垢を落とす」「細菌を増やさない」という3つのポイントが大事です。

これらの3つのポイントを、セルフケアとプロフェッショナルケアの両面で行う方法を紹介します。

1.フッ素を口内に残す

自宅でできるセルフケア

  • ・フッ素配合歯磨き剤を使う
  • ・すすぎ過ぎない

プロフェッショナルケア

  • ・フッ素塗布…高濃度のフッ素を塗布して虫歯を予防します。
2.歯垢を残さず落とす

自宅でできるセルフケア

  • ・歯ブラシで歯の一本一本を丁寧に磨く
  • ・デンタルフロスを使って隙間の歯垢を取り除く

プロフェッショナルケア

  • ・スケーリング…スケーラーという器具で歯石を取り除きます。
  • ・PMTC…セルフケアでは落としきれていない歯垢を専用機器で落とします。
  • ・歯みがき指導…歯みがきに自信がある人でも、意外にちゃんと磨けていないことが多いです。ひとりひとりのお口に合った歯みがきの仕方をお教えします。
3.細菌を増やさない

自宅でできるセルフケア

  • ・デンタルリンスなどの殺菌剤で口内の隅々まで洗浄する

プロフェッショナルケア

  • ・口腔内診査…歯や歯ぐきの状態をチェックします。口内細菌の数も調べます。
  • ・シーラント…歯垢が残りやすい歯の隙間などを、あらかじめ樹脂などでふさいで虫歯を予防します。