MENU

インプラント
IMPLANT

おのせ歯科中目黒のインプラント治療 おのせ歯科中目黒のインプラント治療

インプラントとは?

インプラント治療とは、虫歯や歯周病の進行、打撲などの外傷のほか、先天的な原因などにより歯を失った場合などに、歯を失った箇所に人工歯根を埋めて、歯を補完する人工の部品を埋め込む歯科治療方法です。

歯が抜け落ちたところの歯槽骨に、「インプラント」と呼ばれるチタン製の歯根を埋め込みます。このインプラント体の上に「アバットメント」と呼ばれる土台を設置し、その上に「上部構造」と呼ばれる人工の歯を設置します。

ブリッジのように歯を削る必要がなく、天然の歯に近い感覚で噛むことができるのが魅力です。

インプラント治療は、なくなった歯が一本の場合から、すべてなくなった場合まで有効な方法です。

このような歯のお悩みはありませんか?

歯に関するお悩み歯に関するお悩み

そのお悩み
おのせ歯科中目黒インプラント
解決いたします!

なぜインプラントが選ばれるのか

従来、歯を失った際の主な治療法としては「ブリッジ」や「入れ歯」が一般的でした。
しかし、どちらの方法も隣の歯を使って固定する治療法であるため、固定に使う歯には大きな負担がかかっていました。

そのため、固定源となっている歯やその周辺は磨き残しによるむし歯や歯周病の発生といったリスクを負いやすかったのです。

その点、インプラント治療は他の歯へ負担をかけることなく施術することができ、失った歯と遜色ない見た目、咬み心地を実現できるというメリットがあります。

おのせ歯科中目黒のインプラント

インプラント

ノーベルバイオケアインプラントとは、歯科インプラントを世界で初めて製品化した由緒あるインプラントで、上部構造の種類が多いのが特徴です。

患者様に安心のできるインプラントを提供できるように、その他のインプラントは使用せず全てノーベルバイオケアのみ使用しております。一人でも多くの患者さまがご希望の歯科治療を受けられるように努力を重ねております。

当院のインプラント治療では、他の歯を削らずに天然の歯に近い噛む力を取り戻すことを重視しており、患者様に分かり易く、安心感を持って治療を受けて頂くことを心がけております。

治療においては、まず歯科用CTを利用してお口の中を3D画像で必ず確認します。それによって神経・上顎洞の位置や骨の厚さ、硬さを考慮に入れ、治療のシミュレーションをしっかりと行ってから治療にあたります。

アバットメントにおいては、前歯であれば審美性の高いもの、奥歯であれば耐久性の高いものを提案しております。

インプラントとその他の治療法の違い

より詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

詳しく知る

インプラントの費用

インプラントにかかる費用としては、「インプラント埋入手術+アバットメント(土台)+上部構造(歯)」の合計となります。

高品質でご提供

¥495,000からのプラン

施術 費用
インプラント埋入手術 220,000円
アバットメント(オーダーメイド) 121,000円
ジルコニアセラミッククラウン ※5年間保証しております。 154,000円

1歯分のインプラントで計495,000円ほどかかります。

また、骨造成手術を行う場合はその度合いにより55,000円~220,000円、サイナスリフトを行う場合は220,000円が料金として加算されます。

インプラントの詳しい料金は、下記のページで解説していますので参考にしてください。

インプラント治療の流れ

インプラント治療を受ける際、実際にどのような流れで治療が進んでいくかはご存じでしょうか。
このページでは、当院でのインプラント治療の流れを記しておりますので、治療のご参考にしていただければと思います。

問診

インプラントの問診

インプラント治療を行うにあたって、今何に困っているのか、虫歯や歯周病の有無、罹患している病気や喫煙歴など、インプラント治療を進めていく中で必要となる情報をお聞かせいただきます。

口腔内検査

インプラント治療前の口腔内検査

問診でお聞きした内容を基に、口腔内の検査を行います。

一度口腔内を綺麗にした状態からインプラント治療を進める為、口腔内の状態によってはすぐにインプラント治療を進めることができない可能性があるのでご注意ください。

画像検査

インプラント治療前の画像検査

レントゲン、CTを撮影し、残存歯や骨の状態を確認します。併せて神経や血管の位置、上顎洞の位置を3次元的に確認することで、インプラント治療が行えるかどうかを確認いたします。

インプラントを埋め込むにあたって骨量が足りない場合は治療の前にグラフト、骨造成を行う事で、足りない骨を補ってから治療を行います。
またインプラント挿入後に歯を入れるスペースが狭い場合は矯正治療を行う事もあります。

画像検査をすることでこれらの治療が必要がどうかも確認することができます。

インプラント治療

インプラントの埋め込み手術

インプラントを埋め込む手術を行います。

手術は局所麻酔を用いて行い、術式によって手術時間は変わりますが、インプラント1本あたり30分前後、麻酔~術後の処置を含めても1時間~1時間半程度で終わります。

本数が多い場合や骨造成を同時に行う場合はそれに応じて時間が伸びますのでご留意ください。

当院では世界的に歴史と実績のあるノーベルバイオケア社のインプラントのみを使用しております。
ノーベルバイオケア社のインプラントは種類が豊富で、患者様の骨質に合った最適なものを使用することができる為対応できる症状の幅が広く、また審美性・機能性にも優れているのが特徴です。

▶point インプラントと骨の結合まで

術後はインプラントと顎の骨が結合するまで待つ必要があります。 個人差がありますが、2か月~半年程度が治療期間となります。

上部構造の型採り

上部構造の型採り

インプラントの埋め込みが終わると、次に上部構造の型採りを行います。

上部構造の装着

上部構造の装着

インプラントと骨の結合が確認できると、「アバットメント」と呼ばれる土台と人工歯の取り付けを行います。

アバットメントはインプラントと人工歯を繋ぐ部品で、取り付ける歯や口腔内の状態によって様々な種類があり、患者様一人一人に合わせたものを取り付けます。

メンテナンス

インプラント周囲炎の予防

インプラント治療後は口腔内を健康に保つために、日々のブラッシングで清潔さを保ち、定期的なメンテナンスでインプラント周囲炎の予防に努める必要があります。

インプラント治療の注意点

インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要があります。

インプラント治療の条件は、治療予定の場所に骨がしっかりとあることです。骨が足りないとインプラントを埋め込むことができないためです。骨が足りない場合は、骨移植手術・骨造成手術を受ける必要があります。

治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないことで、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることはないため、歯医者で適切な処置を受けることが必要です。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまうことがあります。

インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、歯医者での正確な診断と定期的なメンテナンスが必要です。おのせ歯科中目黒では、しっかりとサポートをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

インプラント治療のQ&A

Q. 年齢制限はありますか?

A. 基本的に健康な成人であればどなたでも治療は受けられます。

Q. 入院する必要はありますか?

A. 入院の必要はありません。手術当日に帰宅する事が可能です。

Q. 治療の費用はどのくらいかかりますか?

A. HPに記載してますのでご参照下さい。
また、お口の状態などによって治療費は異なりますので、当院の医師にお気軽にご相談下さい。

※上記以外でご不明点がございましたらお気軽にご相談下さい。

インプラントと他の治療法との違い

歯医者でのインプラント治療に使われるチタンは噛み合わせの力に耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができるうえ、治療後は違和感が少ないですし、天然の歯と変わらない噛み合わせを実現できます。

また、ブリッジや部分入れ歯のように、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありませんので、他の歯に負担をかけずに治療ができるというメリットがあります。

インプラント インプラント

インプラントの治療法

歯が抜け落ちたところの歯槽骨に、インプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む歯科治療法です。

インプラントのメリット

  • ・周りの歯への負担が少ない
  • ・見た目や噛み合わせは天然の歯と違和感がない
  • ・骨が痩せるのを防げる

インプラントのデメリット

  • ・自由診療なので治療費が高額になる
  • ・治療期間が長い
ブリッジ ブリッジ

ブリッジの治療法

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

ブリッジのメリット

  • ・保険適用で治療費を抑えられる
  • ・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない

ブリッジのデメリット

  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
  • ・歯の抜けた部分の骨が衰えていきやすい
部分入れ歯 部分入れ歯

部分入れ歯の治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する歯科治療法です。

部分入れ歯のメリット

  • ・保険適用で治療費が抑えられる
  • ・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能

部分入れ歯のデメリット

  • ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • ・装着に違和感があることが多い
総入れ歯 総入れ歯

総入れ歯の治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

総入れ歯のメリット

  • ・保険適用で治療費が抑えられる

総入れ歯のデメリット

  • ・歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • ・装着の違和感、話しにくさがあることが多い

執筆者

おのせ歯科中目黒 院長
小野瀬 崇之

経歴

2012年 神奈川歯科大学卒業
2013年 神奈川歯科大学附属病院にて臨床研修修了
2013年 デンタルオフィス東京ベイ勤務
2013年
7月~
デンタルオフィス六本木東京院長就任
2018年 中目黒で「おのせ歯科中目黒」を開院

資格・所属学会

  • 日本顎咬合学会 認定医
  • 国際インプラント学会
  • UCLAインプラントアソシエーションジャパン
  • ノーベルバイオケア Certificate取得
  • UCLA 4Day インプラントプログラム Certificate取得
  • Terna japan ヒアルロン酸、ボツリヌス Certificate取得
  • インビザライン Certificate取得